MENU
Dr.VRAR

VR/ARを一般化するために真剣に考えるWEBメディア

Dr.VRAR

VRARに関する最新情報メディア

VRARVR/ARとは

近年AR/VRが話題になっているがなぜそんなに話題になっているのか。
また、そもそもARやVRといったものはどのようなものなのか。
知っているようで知らないVR/ARの詳細を解説をします。

人気の訳

  • Dr.VRAR
  • VRやARが人気になったわけとしては、技術の発達が大きいでしょう。
    VRやARなどのコンテンツは決して最近生まれたわけではなく、前からありました。しかし、当時の開発や体験には特殊な技術や機材が必要であったため、一般的ではありませんでした。
    しかし、それが近年になり体験するための機材は安くなり手に入りやすくなりました。また、開発の方も昔に比べ簡単にできるようになりました。
    そして、今重要視されているのがこのVRやARをいかにビジネスとして生かすかということである。
    今現在、VRやARがどのような用途で使われるか、どのように活用できるかという方向性が明確になっていません。今後、どのような分野に特化していくのか、楽しみである。

VRとは

  • よく、VRとARという言葉を聞くが、そもそもどのようなもので、それぞれがどのように違うか知っていますか?
    VRとは、Virtual Realityの略称で、仮想現実を意味しています。VRコンテンツとして制作されるものには大きく分けて2つの物があります。
    【現実を模して作ったもの】
    わかりやすい例が、日本に居ながらアメリカの観光地を体験できるというものなどである。実際、アメリカは実在するが、日本に居たらその空間を体験することができない。しかし、VR内でそれを再現することで、現地に行かなくても現地の空間を味わえるのである。
    【現実にはない空間を作り出すもの】
    もう片方は、存在しない館や今までない空間を作り出すというものである。ゲームの中の世界など実在はしない。しかし、それをVRという形で再現することで、より面白いゲームが生まれている。
  • Dr.VRAR

VR(ヘッドマウントディスプレイ)のシェア

  • Dr.VRAR
  • VR元年といわれている2016年、VRを体験するのに必須のヘッドマウントディスプレイ(通称:HMD)のシェアが広がっている。
    株式会社矢野経済研究所の調べによると、2013年のHMDの世界的な市場は887(千台)だったのに対して、2016年は4203(千台)が見込まれている。
    さらに、2020年には17750(千台)のHMDが市場に出回るとされている。
    市場の変動の理由としては、おそらくスマートフォンの普及が高まったことが関係しているだろう。今では、スマートフォンがあれば高価で本格的なHMDを購入しなくても、段ボールでできた「ハコスコ」や、「Google Cardboard」などVRビューワーがあれば簡単にVRが体験できる。これらの価格は非常に安く、だれでも手に入れることができるため大きなシェアを誇ることとなり、今後もシェアが広がり続ける理由でもあるのだろう。

ARとは

  • ARとは、Augmented realityの略称で、拡張現実を意味しています。
    ARコンテンツは以下の3つに分類されます。
    【ビューワー】
    ビューワーは、何もない空間にオブジェクトを配置するもので、家具の配置や、服の試着シュミレーションなどに用いられています。
    【情報付加】
    情報付加は、ある特定のオブジェクトに対して解説を表示したりするものである。博物館の展示品に解説が表示されたりするのがそれにあたる。
    【ゲーム】
    ゲームは、その拡張機能を娯楽として使っているもので、最近だとポケモンGOなどが有名である。
  • Dr.VRAR